« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | トップページ | 瞑想法入門(3) »

2012/10/02

瞑想法入門の更新の遅れと戸惑い

 アクセス解析を見る限り、「瞑想法入門」は殆ど読まれていません。また、この様な修法を文章で顕すのは人心を惑わす大罪とされています。
 先日、このシリーズで瞑想を始めた方とお二人お会いしたのですが、まるで伝わっていないことに衝撃を覚えました。
 少なくとも第1回は瞑想の「め」の字も知らぬ方でも出来る様に書いたつもりです。
 それも伝わらない。
 第2回にまるで反応が無いのは当然でしょう。
 第1回ですらまともに出来ないのなら、第2回の内容はまるで意味不明です。

 また、読んで実践する方は皆無に近いようです。
 私は極初歩の入り口を示すつもりでした。

 実践者が10名いるか居ないかで、私の稚拙な文章では誤った修法をなされているとなると、このシリーズを続けることは、人心を惑わす罪を私は負うことになります。

 もし続けるなら第1回をさらに補足説明するものにしなければなりませんが、それで私が無垢な人を魔道に貶める大罪を残すのなら、このシリーズは中断すべきでしょう。

 私は遠隔除霊や、個々に合った修法を遠隔地の方にも行った経験があります。それなりの成果を勝ち得た自信もありますが、これはsky-peと言うTV電話システムで個別指導出来たおかげですし、対象者が私を信頼して指導を忠実に守ってくれたおかげです。
 金銭は頂いていませんが、対象者が私に僅かでも不審や妖しさを感じていれば効力は見られません。

 無償奉仕の個別指導でも限界があるのですから、文章によるものは効力など得られません。個々の資質で大きく変わるものです。

 第2回は読み返すと、正しい修法を経験(現世とは限りません)しており、オリジナルの工夫が出来る人の着地点でした。
 しかし、改めて言いますが、あれは入り口の入り口に過ぎないもので、初心者でもあそこに着地してくれなしと意味がありません。

 生まれついての能力者は修法をせずとも、あの着地点よりさらに先へスタート地点があり、あのような着地点を特別と思わず、極常識的事柄と思っているので、皆がその常識の上にあると思い込み話題にもしません。そう言う方は私の「瞑想法入門」は読むに値せず、当たり前のことに何小難しいこと書いてるの? 馬鹿じゃない?
 そう思われてしまいます。

 BLOGの読者層のレベルが、失礼な言い方ですが極端に低いか高いかで、中間の方が少ないのです。

 独善的ですが、私は生まれながらにスタート地点が違います。
 通常グラウンドを20周して、外周へ行く所を、最初から外周へのスタートラインにいました。

 幼子が外周を走る危険や恐怖は割愛しますが、私はグラウンド内部を知りません。おそらく、常人は四つん這いの赤子が立つところから始まるのだと、今回漸く知りました。

 更に私も成長しています。
 20代の頃は化け物クラスの怨霊や祟神の相手をしていましたが、今では宇宙創造に関わる様な神と思念を交わし、人格神などは上からもの申す状態です。超弩級の怨霊や祟神など近づかせませんし、親しい友人が取り憑かれていたら「失せろ」と念じればその存在を消せると言う尋常ならざる域に引き上げられています。

 これを妄言と思って頂いて構いませんが、このような秘事を明かしたのは、はいはいしている赤子の教育が私には分からないのです。

 こう書くとその高慢さに憤怒を抱く方がいるのは承知しています。
 縁を切られる方も多数おられるでしょうし、縁を切る言動を最近敢えてしています。

 故に私は家族や友人に見限られ、天涯孤独となっています。私の言葉がまるで理解されず、畏怖のみを与えるのだから当然の帰結です。
 現世で私を孤立させ別ベクトルへ移行させる動きが急速化しているようです。

 長々と恥部を語りましたが、アンケートを取りたいと思います。
 最早、人外の私が極力分かり易く書いても見ている領域が違うので、「瞑想法」は簡易な手法を述べるだけでも、そのベクトルは「人」に向けて書かれるか疑問です。実際、読んでいる方は非常に限られています。

 それでも読みたいと言う方は、「読む」の一言で良いのでこの本文にレスをお願いします。
 10名以上のレスがあれば、より平易な補足をメインとした「瞑想法」の続きを書かして頂きます。

 レスが10名を下回る程度のものなら、わざわざ罪科をかさねるような文章は「瞑想法」に関わらずこのBLOGで書くのは止めるつもりです。

 HPは近い将来閉鎖するつもりですが、このBLOGも二年先に存続するかは分かりません。

 敢えて書く必要の無いことを書き連ねたことを深くお詫びします。
 ただ、私と深い関わりを持つ方へのメッセージを兼ねていたことをご了承ください。

|

« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | トップページ | 瞑想法入門(3) »

「心霊関係」カテゴリの記事

コメント

赤子で相手にもされたませんが読みます。

投稿: みーこ | 2012/10/02 10:48

読む

過去の武勇伝も、シリーズ化して、ぜひ聞かせてほしいです

投稿: otake | 2012/10/02 10:54

いつもお邪魔してます。更新楽しみにしています。
読みたいと思っています^_^

投稿: 文月 | 2012/10/02 14:54

はじめまして。

何年も前から貴HPを訪問させていただいておりますが、初めてレスをいたします。

長年のHPの運営、お疲れ様です。
そして、訪問を楽しませていただいている御礼を、遅ればせながら申し上げます。

さて、「瞑想法」についてですが、是非今後も拝読いたしたく、お願い申し上げます。

投稿: ミッチ | 2012/10/02 19:45

読みます。

投稿: にゃん | 2012/10/02 20:17

読む。
まだ瞑想の呼吸法もOKと自分で言えない状態です
(なので2では質問もできず)が、続けております。

吸いながら/螺旋右巻き/光や風を取り入れるイメージ、
吐きながら/螺旋左巻き/自分の闇部分を体外に出すイメージ、
をやりながら呼吸数を数えるのはどうにも集中できないので、
今(2がアップされてしばらくしてから)は、丹田を出発点として
自分の内側にダイブするイメージで瞑想していたりします。
(こうするとちょっと長くできます)……間違っているでしょうか。

投稿: ITO | 2012/10/02 20:23

先日は失礼しました。私も読ませていただきます。
是非続けてください。

投稿: くう | 2012/10/02 21:40

私も楽しみにしていますので、是非読み続けたいです。余談の部分もとても興味深いです!
瞑想になっているのか分かりませんが、床についてゆっくり深い呼吸をする事で睡眠導入不良が改善されました(^^)

投稿: 神奈 | 2012/10/02 22:40

八月の終わり頃から、読ませていただいております。非常に興味深いです。継続されるのであれば、もちろん今後も読みたいです。

投稿: 無苦 | 2012/10/03 03:44

震災後より小説と共にずっと楽しみに読ませていただいております。(その頃は旅行記も読む事ができたのです)
瞑想法も大変興味深く拝見しております。わかりやすいので、一言一言納得です。初級者向けとありながらも高度な内容だなと感じました。

投稿: うき | 2012/10/03 06:03

以前から、小説とともに読ませていただいております。
瞑想法も興味深く読ませていただいています。これから実践してみたいと思っていますので、ぜひ続けていただければと思います。

投稿: Philemon12 | 2012/10/03 21:09

はじめまして、一年ほど前から読ませて頂いております。
家でパソコンいじる元気がないので、会社からm(__)m
瞑想法、就寝前に実施しておりますが、10回いく前に眠りについてしまいます。
どうか、続けてください。拝読させていただきます。

投稿: ICHIKO | 2012/10/04 10:20

初めて投稿させていただきます。
もう8年ぐらい前から愛読させていただいております。
僭越ながら是非,続けて頂きたく宜しくお願いします。

投稿: 白渡 | 2012/10/04 19:06

 皆さん、レスありがとうございました。
 十個レス付くか微妙と思っていました。また、一週間は様子見が必要とも思っていましたが、早い段階でレスが十を超え、実践されている方も多いと知りましたので、連休中に瞑想に入る準備等を補足したものをUPさせて頂くつもりです。
 今回はお初の方も多く見られ嬉しく思います。また、小説を読まれている方もいたのは嬉しいです。小説は書きためていますが、UP作業する気力が無く、今、友人に代理UPをお願いしています。「アルゴ」の戦闘突入までを優先し、その後、「櫻の宴」に取りかかります。

 瞑想法の質問があったのでお答えします。
--------------------------------------------
吸いながら/螺旋右巻き/光や風を取り入れるイメージ、
吐きながら/螺旋左巻き/自分の闇部分を体外に出すイメージ、
をやりながら呼吸数を数えるのはどうにも集中できないので、
今(2がアップされてしばらくしてから)は、丹田を出発点として
自分の内側にダイブするイメージで瞑想していたりします。
(こうするとちょっと長くできます)……間違っているでしょうか。
--------------------------------------------
 必ずしも間違いではありませんが、自らの内側を部分的に捉えるか全体的に捉えるかで、効果が変わります。
 瞑想を行うには指針とすべき探求の題材が必要です。
 古今東西を問わず、代表的命題の一つに「自分とは何か?」と言うものがあります。
 これには自身の精神的内面を全体的に把握した上で、表層意識としての自分を捉え、そこから無意識下の自己を知る必要があります。
 表層意識の自己は海に浮かぶ氷山に例えられます。その八割は海面下の無意識の領域にあります。この氷山全体としての精神としての自己を把握するには、ダイブのイメージは有効です。
 また、邪道とされていますが、自分の肉体全体をイメージとして把握する瞑想法も、初期の段階では避けて通れないと私は思います。
 自身の肉体をイメージで把握すると、体の一部が冷たく感じたり、暗く感じたりすることがあります。大抵の場合、その部位に肉体的疾患がありますので、病気の早期発見に繋がります。
 瞑想において肉体をイメージするのを邪道とするのは、瞑想で行うもので無く、日々の生活で常にそのイメージがあるのが当然とされているからです。
 瞑想の究極の目標が宇宙の真理との一体である以上、現世の魂の船に過ぎない肉体への執着は、道を誤った修法となるので邪道と扱われますが、初心者はこの過程を経て、漸く「自己とは何か?」と言う探求に至るので私は邪法と切り捨てはしませんが、本道ではないとお伝えします。
 この質問でのダイブも精神世界の自己探索よりは、肉体の概念から離れられていないと感じたので、蛇足ながら説明過多の文章となりました。

 後、私の武勇譚を聞きたいとのご意見がありました。
 武勇譚が荒行を指すのか、霊的スポットでの暴走を指すのか分かりませんが、いずれも若さ故の過ちであり、同じ場所で、今、同じ事をすれば、発狂や落命に至るものです。書いても益の無いこと故にこれらは隠蔽します。

 多くのレスありがとうございました。

投稿: 慎 | 2012/10/05 21:20

読みたいです。怖い話検索から、こちらにたどり着きました。怖い話サイトはとても面白いですし、他の怖い話サイトとは違った面白さが有るので6章以降も気が向いたときだけで構わないので続けて欲しいです。神様の話や、ご自身が高慢だと思われた事ですが、私はとても楽しく読めました。一風変った話言葉の一つと取れば、味が有ってその高慢さも好感が持てます。人それぞれ性格が違います。ムリに直す必要も、変える必要もないと私は思います。あ、そんな事思ってませんねきっと、失礼しました(´▽`*)アハハ 私は傲慢ですのでm><m

投稿: murata | 2012/10/12 16:30

 はじめまして。
 ねぇ、ログ読んでる? 瞑想法初回読んでる?
 もう再開して一杯レスもついていますよ?

投稿: 慎 | 2012/10/13 06:20

霊視はできませんが、目を閉じると、さまざまな光が見えます。

仕事と、ボランティアで遠隔ヒーリングや電話カウンセリングを行っています。

霊視できたほうが、もっと的確なアドバイスができるのかなと思ったりしていましたが、
慎さんの記事を拝見して、むしろ見えないほうが、ありがたいのだと、改めて分かり、特訓してでも「見たい」という思いが消えて、楽になりました。

これからは、遠隔ヒーリングのレベルを上げるために、瞑想を日常的に行いたいと思うようになりました。

はじめて拝見しましたが、体験に基づく、分かりやすく正直な記事をアップしていただき、ありがとうございます。

お元気でご活躍ください。

投稿: 美紀 | 2016/11/19 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33047/55794947

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想法入門の更新の遅れと戸惑い:

« 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 | トップページ | 瞑想法入門(3) »