« 三が日以降病床に倒れていました。 | トップページ | 香りの道 »

2018/02/06

夢の教え

 夢で得た経験や知識は忘れてはならない。

 いかに素っ頓狂に思えようと、目覚めても覚えているなら、それは現実の貴方の実となるものだから・・・・・・

 どうしても意味の分からぬものは、、手帳に記すと良い。
 しかるべき時に意味が分かるだろう。

 ただ、夢を吉凶の判断にしてはならない。心するように。

 夢や時として現実でも、身仏の降臨を体験する時がある。
 感動や驚異から、それを受け入れるのは危険だ。
 それらは魔の常套手段だからだ。

 身仏の知らせは風も無いのに花が揺れる様な些細なことで示されるものである。

|

« 三が日以降病床に倒れていました。 | トップページ | 香りの道 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

>降臨を体験する時がある。

大地母神が降臨した感覚を覚えることはないなぁ。飯食ったら満たされた感覚になったり、自分がただひたすら大きい大地母神「に」降り立って(降臨して)同化した感覚はしょっちゅう感じますがね。この同化した感覚を得たときの多幸感は他で言い表せませんね。すべてのことがどうでもよく思えてしまいますね。

投稿: くしだあきこ | 2018/02/17 12:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33047/66364580

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の教え:

« 三が日以降病床に倒れていました。 | トップページ | 香りの道 »