« 出羽三山の水 | トップページ | やめて下さい。 »

2018/09/29

朱色の夢

 ミッチーさんに丹生川上神社中社への小旅行のお誘いを受け、日取りが決まった出発直前に夢を観た。

 ミッチーさんは私の「瞑想法入門」を読み、一時間の座禅も出来る様になり、般若心経も不動明王真言も、大祓の祝詞までそらんじることが出来る様になっていたので、旅行先では色々と詳しく伝授させて頂く予定だったので、こう言う夢を観たのかも知れない。

 山沿いの道を上って、伝授の為の祠へと向かう。登ると鮮やかな朱色が目を射た。

43f69cce9b7493254f2d2c6c243be958
 こんな感じの祠だ。

 向かって左の出入り口から中へ入ると、人が移動出来るのは畳一畳分の広さしか無い、奥は大きな憤怒神を中心に様々な仏像が三次元的に配置され、曼荼羅を形成している。

 仏に向かい座禅を組もうとすると、誰かが座禅用の座布団を出してくれたんだが、その扁平状の赤い球形のものを手渡される。普通はざぶとんは黒である。

 位置を整え座禅を組むが、内心(丹生津媛ここまで干渉するか?)と思っていた。

|

« 出羽三山の水 | トップページ | やめて下さい。 »

「夢日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33047/67220481

この記事へのトラックバック一覧です: 朱色の夢:

« 出羽三山の水 | トップページ | やめて下さい。 »